スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん保険 選び方

がん保険の選び方 基礎の基礎


がん保険の選び方 基礎の基礎

がん保険の知識を把握していても、基礎の部分は抜け落ちがち
になります。基礎中の基礎を学びましょう。

保険は多くの人からお金を集めて管理し困った時に助け合おう、
というシステムで成り立っています。

保険には、年金保険や、医療保険、介護保険などは「公的保険」
死亡保障(終身保険)、年金保障、介護保障は「私的保険」
などの二種類の保険があります。

もちろんそれぞれ保険料を払いますが、この保険料は保険期間が
長期ですと高くなります。

保険会社はボランティアで行っているのではないので保険料の中
から自分たちの収入を抑える必要があります。
この分の資本を「付加保険料」と呼びます。

また、被保険者に支払う金額を「純保険料」と呼びます。

この辺りの用語は特に保険の選び方には深くかかわってこないので
知らなくても大丈夫なのですが、もし、保険会社とのトラブルが
あったときには、こういった知識が何よりの武器になるので、
知っておくにこしたことはないです。

また、がん保険と普通の保険の違いとしては、普通の保険では到底
払えないような高額な治療費も、対象をがんにしぼることで給付が
可能だという点があります。

院給付金の支払い日数などにも限度がありません。
ですが免責期間には注意が必要です。

どんなに健康でいても、がんになる可能性はあります。
このような予備知識が活きてくる可能性もまた高いのです。



ガン保険 賢い選び方トップへ


スポンサーサイト

保険の種類

保険の種類

保険の種類

給料が上がらず、賞与のカットなど、不景気で家計が直撃を
受けています。

毎月の出費から住宅ローンや教育費など、どうしても削れな
いものを除いていくと、保険の見直しになります。

必要があまりないのに払い続けている保険、ほんとうに必要か
見直してみませんか。

保険は大きく分けると、「死亡保障」「老後のための貯蓄」
「医療保障」になります。

・死亡保障 
 
死亡保障は被保険者が死亡したり高度障害になった場合に
保険金が支払われるもので、定期保険や終身保険等です。

・老後のための貯蓄
 
定期保険や終身保険等養老保険、個人年金保険、学資保険等
があります

・医療保険
 
病気やケガをした場合に保険金が支払われるものです。
医療保険、がん保険等です。

がん保険は対象をがんに特定した保険ですが、もちろんそれ
以外の医療保険ではがんになっても一切保障がない、
というわけでははありません。

ほとんどの保険は基本の主契約に特約として災害や疾病時の
保障を付けることもできるようになっています。

保険の種類に応じた特徴をよく理解し、自分の利用目的に
合っている商品を選んでください。


関連記事

◇がん保険と医療保険の違い

◇がん保険の保障内容

◇ガン保険 がん保険の謳い文句に惑わされないように

◇がん保険 ガン診断給付金について
















最新記事

お気に入り

フリーエリア




カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。